サックサック

マイペース主婦のマイペース日記

Skip to: Content | Sidebar | Footer

最善の選択

26 12月, 2011 (16:07) | Diary | By: admin

この人は素晴らしい。
私は直感で思いました。

母の体調急変を知り、
グランプリファイナル欠場を決めて
カナダから緊急帰国した浅田真央さんです。
なんでもコーチは朝に電話で起こされ、
顔を洗う間もなく30分後にはホテルを出て
空港へ向かったという決断力と行動力の早さだったとか。

勝負師は親の死に目に会えなくて当然と心得よ、
そんな風に考える人もいるかもしれません。
そんな場合もあるかもしれません。

そんなニュアンスの言葉を聞いて、
私もその志や精神力に尊敬の念を抱いた時もあった気がします。

でも・・・自分が医療の現場にいる今、
親の死を何より最優先にして即決できた彼女は
人間として本当の心の持ち主だと感じずにはいられません。

地球上に数えきれないほどの人が生まれ去っていっても、
やはり人生は人それぞれ。
同じ人生なんてないように、生まれた環境も去り方も、そこに抱く思いも、
同じなんてことは決してないのです。
そして一番重要なのは去る瞬間は一度しかなく、
心と体がひとつになっている状態にはその時にしか会えないということ・・・

日本中にファンがいて
協力を得て続けてきたであろうフィギュアスケートでしょう。

だからこそ周囲に気遣って
大会を諦めて帰るなんて出来ないと思うのが普通とするならば、
彼女はそれを素直な心にしたがって
自分なりの考えで打破した人ということになります。

いつの世も新しいことをするには勇気がいるもの。

勇気がいらないとすれば、まさに本物なのではと私には思えてなりません。
これだけの結果を出してきて浅田選手ですから、
きっとお母様の協力は並みならぬものだったでしょう。
それを浅田さんも強く感じていたということですね。
素晴らしい親子関係、御家族だと思います。

大会はその気になればいつでも再チャレンジできるんだもの。
お母さんのそばにいてあげられることこそが今だけだもの。
それでいいんだよ、真央ちゃん。声を掛けてあげたいです。

どうかお母さんが大事に至らず回復されますように。
浅田選手が落ち込むことなく、
また元気でフィギュアスケートに挑戦できますように。

真央が緊急帰国、無言のまま帰路へ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111209-00000070-nksports-spo

追記:このニュースを見た時に下書きしていた記事でした。
浅田選手に対するこの気持ちは変わらないので、このままアップします。
お母様のご冥福を、心よりお祈りいたします。